ドコモショップの求人広告でチェックしたいこととは

ドコモショップの店員さんと言えば、きちんと制服もあり、スカーフまで首もとにあしらわれ、まるで客室乗務員のようで素敵です。今や欠かすことの出来ない携帯電話について詳しい知識を持ち合わせています。独自の研修システムにより、きちんとした社内資格を設けています。そのため、お客様の手続きに合わせて、出来る仕事と出来ない仕事があるほどです。研修時には身だしなみもチェックしており、意外にも入社は狭き門とも言えます。また、各店から代表で選ばれた人から、サービスの大会まで行われているほど、サービス面にも力を入れています。携帯電話を買い換えるときだけでなく、困ったときも柔軟に対応してくれます。では、そんな憧れの場所で働くためにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは求人を見付けることが大事

求人はかなり見付けにくく、見付けても最初は意味がわからない場合が多いです。なぜなら経営しているのがドコモ本体の会社ではないからです。ショップを経営している会社は、建設会社などおおよそ検討がつかないところの場合もあります。もちろん全国的に店舗を持っている会社もありますが、会社が異なるために、店舗によって福利厚生も様々に異なります。働くにあたって、やはり気を付けたいのがお給料と、年間の休日数、保険関係や福利厚生は重要です。また、全国的に有名な大手の会社が経営している場合と、地方の会社が経営している場合とありますので、求人を見付けたら、まずどこの会社が大元なのかを確かめる必要があります。しかしあくまでも経営している所は業務を請け負っている形ですので、その店舗担当者が月に数回、店舗のチェックや、売り上げなどをチェックするために店舗を訪問しています。

ドコモショップへの派遣をしている派遣会社に登録しても良い

ドコモショップで働くために、派遣会社に登録するのも良いです。派遣会社だと、人材を紹介された企業はその人材を雇わなければならないため、派遣会社に登録することが出来れば必ず働くことができます。派遣会社から派遣された場合、3年以上勤めれば、そのままその企業に正式に雇ってもらうことが出来るため、今まで普通に就職活動をして入ることができなかった人でも念願叶えることが出来る裏技とも言えます。もちろん仕事は楽ではありません。華やかに見える携帯業界も、店舗ノルマなどを設けられていますし、研修もしっかりと受けなければなりません。次々と出る新しい機種のことやプランのことなどを把握する必要があります。その分やりがいはある仕事と言えるので、入社を考えている人は大元の請け負い会社がどこなのか、しっかりとチェックしましょう。